あなたのダウンドッグは快適で最高に心地いいですか?

あなたのダウンドッグは快適ですか?

ヨガをしていれば必ず取るこの
ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)

ある人にとっては「あー背骨も伸びて足裏も気持ちよくて最高!」
といつまでもここでキープしたくなるような快適なポーズ。

ある人にとっては「えー先生キープ長いよ!肩も手もプルプル~早く終わって~泣」と地獄のような時間。笑

今日はその原因をコア(インナーマッスル、深層筋)の視点から見ていきましょう。
写真の1枚目と2枚目をよくよく見て何が違うか
間違い探しです!

では~あと3秒3.2.1

皆さんわかりましたか?

そう!!2枚目お腹が抜けているんです!
お腹が抜ける=コアが働いていない。
コアを使わずダウンドッグを取ると
すべての体重が肩、腕に乗っかかって
もうそれはそれは辛い!!

先生が言う「背骨の伸びを味わって~」なんてそんなの
味わう余裕なんてゼロです。笑

このコアを働かせることをヨガの言葉で「バンダ」と言います。
バンダとは【締める】という意味があり
体の軸を安定させ、体内のエネルギーをコントロールする技法です。

今日はこのお腹のコアを使う2つのバンダ
ムーラバンダとウディヤナバンダご紹介です。

この二つが体を安定させる土台の役割を果たします。
家を建てる時もまずは土台からしっかりと積んでいきますよね?
どんなに外観をおしゃれにきれいに見せかけても
この土台がしっかりしていないとすぐ崩れてしまいます。

【ムーラバンダ】(骨盤底筋群)
サンスクリット語で【根】という意味があり、体の土台を作り心身を安定させます。
骨盤底筋群は主に3つに分かれています。
①尿道(前)
②会陰部(真ん中)
③肛門(後)
この3つを繊細な力で締め引き上げそのエネルギーをおへその下まで引き上げます。

そのエネルギーの方向性を決めるのが次のウディヤナバンダです。

【ウディヤナバンダ】
サンスクリット語で【飛び上がる】の意味。
ムーラバンダのエネルギーを背骨、上へと上昇させる役割を果たします。

『おへその下を背骨へと引き込む』これがウディヤナバンダ。

エネルギーが上に上昇すると重心が上に行き
体を軽くしてくれます。
ダウンドッグで体の重さが肩や腕に乗っかかることがなくなります。

苦手だった片足のバランスポーズ、アームバランス、止まらずフローヨガだって疲れないし体が軽く安定するんです!

ワンフィットの『体幹ヨガ』では丁寧にこの2つのバンダを
練習していきます。
目指すは本当に犬が気持ちよく伸びをしているような感覚!
そんな最高なダウンドッグをとりましょう!

今日も、ワンフィットのブログをご覧いただきありがとうございました。
ワンフィットは、ホットヨガ、常温ヨガ、ヨガインストラクター養成講座を行っている女性専用ヨガスタジオです。
ヨガ以外にも24時間ジム、パーソナルトレーニングや総合格闘技などあらゆるフィットネスが体験できます。

ぜひ、一度体験や見学にお越しくださいね♪
★体験レッスンのお申込み
TEL:0120-766-555
お問い合わせはこちら


ヨガ#ワンフィット#onefit24#東大阪ヨガ#布施ヨガ#奈良ヨガ#ヨガインストラクター
総合フィットネスジム#パーソナルトレーニング#ジム#フィットネス#大阪ジム#東大阪ジム



タイトルとURLをコピーしました