アーユルヴェーダ【春の過ごし方】

インストラクターのCHISAです。
今日は春の過ごし方についてのお話です。

皆さんはアーユルヴェーダの無料ドーシャ診断をして頂けましたか?
あたし達にも 【風】【火】【水】の性質があるように季節にも性質があります。

春は【カパ(水)】の季節です。
水の特徴はずっしり重く、ゆっくり、ネチャネチャとした粘着性、じっとり冷たい・・・。

冬の間に蓄積された脂肪が、基礎代謝が上がり始めると同時に体内からリリースしようとするため、だるい、重い、眠いという様な症状が出始めます。また、消化機能も乱れやすくなるため、アレルギー体質の方はこの時期鼻づまり、かゆみ、花粉症などの症状に悩まされる時期でもありますね。

日中は温かいけれど、夜は気温が下がり寒いという気温差から、体調を崩しやすい時期でもありますから、体を温めてデトックスする事は心掛けなければなりません。

どうデトックスしていくのか?

ねちゃねちゃ、ベタベタ、じゅるじゅるで重くつまっているカパを軽く、すっきり、さっぱり、さらさらに流してゆくのが春の養生法です。

そこで心身をスッキリさっぱりしてくれる食べ物は

スパイス ショウガ、黒コショウ、クミン、シナモン。

朝起きたらまず白湯+生姜を飲んで寝ている間に蓄積した老廃物を流しだす事をおすすめします。

・早起き・早寝で生活のリズムを乱さない
・朝の洗顔時に、タングスレーバーで舌苔を取り除くと効果的。
・寝る前にはリンパマッサージでむくみを外へ出す。
・明るい色や華やかな装いでお洒落を楽しむことで心もリフレッシュ
・寒暖差が激しい日が続くので、体を冷やさない事を心がけて。

春には春にあった体のケア、過ごし方を心がけましょうね。

ワンフィット onefit24  東大阪ヨガ 布施ヨガ アーユルヴェーダ

CONTACTお問い合わせ

電話でお問い合わせ ・・・受付時間 : 平日10時〜22時/土日祝10時〜18時
体験予約はこちら ・・・24時間受付中