「好きを仕事に」ヨガインストラクターとして生きる3つの準備

ヨガアライアンス

ご自宅でヨガをしている方、ヨガが好きでスタジオレッスンに現在通っている方、ヨガを受ける側から伝える側にステップアップしたい方、ご自身が好きと思う気持ちを原動力にしてヨガインストラクターへの道を歩んでみませんか?

今回は、好きを仕事にして、ヨガインストラクターとして生きるための3つの準備をお伝えいたします。

                                                                                                             
1. ヨガインストラクターの働き方を選ぶ

一括りで「ヨガインストラクターとして活躍する」と言っても、働き方は様々あります。ヨガインストラクターとして働く場合、

①ヨガスタジオの正社員

②外部委託のヨガインストラクター

③自宅や個人サロンでヨガレッスンの開催

④自身でヨガスクールやヨガスタジオを開設

などがあります。

小さなお子様がいる方や、空いた時間を使ってヨガインストラクターとして働きたい方は、1レッスンごとの外部委託として働くか、ご自宅などで個人でヨガレッスンを開催することも可能です。一方で、フルタイムで働きたい方は、ヨガスタジオやスポーツジムなどで正社員としてヨガインストラクターとして活躍することができます。ヨガを広めたいけれど、どのような働き方がご自身にとって最善か選んでみましょう。

 

2. ヨガインストラクターとして学びを深める

現在、ヨガスタジオやヨガを受けている方は、ヨガに関する知識はあると思います。ヨガを受ける側として知識は充分あったとしても、実際にヨガを伝える側としてヨガを実践するとなると、習得したい知識はさらに多いもの。ヨガを伝えることは、アーサナ(ポーズ)を知ることはもちろん、身体の使い方や「そもそもヨガとは何か?」を知ることが欠かせません。ヨガは無資格でも教えることはできますが、ヨガについて深く学べて実践に生かせる資格を取ることをオススメします。ヨガの資格も様々あるので、まずはご自身がしっくり来るものを目で見て探してみましょう。

 

3. ヨガインストラクターとして働く場所を探す

ヨガインストラクターとしての働き方や、学びを深めることについて準備が整ったら、実際にヨガインストラクターとして働ける場所を探してみましょう。現代は便利なもので、求人誌などを使わなくても、スマホ一台で手軽に探せます。そこで気を付けたいことは、ヨガインストラクターとしてデビューする場所が、ご自身にふさわしいものなのかどうか?本当に「好き」という気持ちを生かせる場所なのか?見極めることも大切です。

 

最後に

「好きを仕事にする」という言葉を耳にすると、なんだか都合の良い言葉に聞こえてしまうかもしれません。毎日目にしたり、耳にする情報の多くは、「好きな仕事で生きること=自由奔放、わがまま」という先入観を抱かせるケースも少なくないことも事実。シンプルに「好き」という気持ちや熱意は、私たちの人生を豊かにする燃料のようなもの。暖炉の炎が燃えるには、良い素材の薪が欠かせません。

もしあなたが、少しでも「好き」を仕事に生きること、ヨガインストラクターとしての道を歩みたいと考えているのなら、一度、ワンフィットのヨガインストラクター養成講座「ヨガアライアンス」を覗きにいらしてみてくださいね。

ワンフィットでは、ヨガが大好きで、ヨガインストラクターとして歩みたい方を全力でサポートいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました